離婚・男女トラブル 広島の弁護士による離婚相談のロゴ

離婚の際に決めた、財産分与の分割払いの支払いがなされなかったり、養育費の支払いがなされない場合 、法的に効果的な手段をとることができます。

強制執行

協議離婚の際に決めた条件が守られない場合、条件の取り決めが契約書等の書面になっていれば、これを証拠として地方裁判所に提訴し、判決をもらって、相手の財産に対して強制執行することができます。

また、書面が公正証書になっている場合で、「履行が滞った場合には強制執行されてもかまわない」という条項が入っていれば、すぐに 強制執行手続をとることができます。

調停離婚や審判離婚の場合は、調停証書や審判書が判決と同じような強制執行力がありますので、この場合も、給料の差し押さえ等の強硬手段をとることができます。

なお、給料の差し押さえについては、従来は支払いが滞った分についてしか差し押さえができませんでしたが、平成16年4月1日から、 まだ期限が来ていない将来の分についても差し押さえができるようになりました。

いきなりこのような強硬手段をとるのが難しい場合は、まずは 家庭裁判所の履行勧告、履行命令の手続を取る方法もあります。

  • 財産分与や慰謝料の分割払いが滞っている
  • 約束した養育費が支払われない

このような方は、当事務所にご相談ください。
弁護士があなたの代理人となって相手と話し合います

「離婚とお金の問題」目次

基礎知識
01

婚姻費用

日本では一般的に、妻が夫の経済力に依存している場合が多いため、別居中の妻...
基礎知識
02

年金分割

これまでは、離婚した専業主婦は、自分の基礎年金しか受給できなかったのです...
基礎知識
03

慰謝料とは

単なる性格の不一致や価値観の違いでは、慰謝料請求できない場合がほとんどで...
基礎知識
04

支払いの約束が守られない場合

強制執行 協議離婚の際に決めた条件が守られない場合、条件の取り決めが契約書...
基礎知識
05

財産分与

財産分与の対象となる財産 財産分与の対象となるのは、「夫婦で築き上げてきた...
基礎知識
06

養育費について

養育費負担義務とは 親には未成熟な子どもを養育する義務があり、これは自分の...
トップへ戻る

LINE
相続対策

イラスト
0120-7834-09相談予約専用なやみよまるく 9:00 - 18:00 ( 土曜 10:00 - 17:00 )アクセスウェブ予約