離婚・男女トラブル 広島の弁護士による離婚相談のロゴ

同意の有無

①相手方が離婚に同意していますか?

相手方が離婚に同意している場合は,協議離婚・調停離婚が可能です。 同意していない場合でも,離婚原因があれば,裁判離婚が可能です。

【離婚問題解決の流れは コチラ

子どもに関すること

②未成年の子どもの親権者

夫婦間に未成年の子どもがいる場合には,離婚に際して,夫婦の一方を親権者と定める必要があります(離婚後も夫婦の共同親権とすることはできません)。

③養育費

子どもが社会人として自立するまでに必要となる費用であり,衣食住の経費, 教育費や医療費などです。養育費の金額については算定表が目安となります。

④面会交流(面接交渉)

子どもを引き取り養育・監護していない親と子どもが面会する方法を定めます。

【子どもの問題は コチラ

お金に関すること

⑤財産分与

婚姻後に形成された夫婦の共有財産(預貯金や自宅の土地・建物など)を, 離婚に際して分けることです。

⑥慰謝料

相手方に不貞行為や暴力行為があった場合が,代表的なケースです。

⑦年金分割

婚姻期間中の夫婦の厚生年金・共済年金の報酬比例部分の保険料納付記録を,最大0.5の割合で分割することができます。

⑧婚姻費用の分担

婚姻生活を維持するために必要な一切の費用であり,別居中は,夫(妻)に対して,婚姻費用を請求することができます。金額については,算定表が目安となります。

【お金の問題は コチラ

トップへ戻る

LINE
相続対策

イラスト
0120-7834-09相談予約専用なやみよまるく 9:00 - 18:00 ( 土曜 10:00 - 17:00 )アクセスウェブ予約