離婚・男女トラブル 広島の弁護士による離婚相談のロゴ
青山慶子のアイコン画像青山慶子

不貞行為とは、「配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」 と定義されています。
従って、肉体関係を持たないデートなどの行為は含まれません。

離婚原因としての 「不貞行為」の割合は家庭裁判所における離婚申し立ての動機を見ると第1位の「性格の不一致」に続き、第2位と非常に多い ものとなっています。

目次

不貞行為(浮気、不倫)

不貞行為が離婚原因として認められるためには?

浮気・不倫が原因で離婚をしたい時は、証拠が必要となります。

不貞の事実があることを証明する必要があるからです。
証拠が不十分でも、離婚は認められることはありますが、慰謝料や財産分与の交渉を有利に進めるためにも証拠はあった方がよいでしょう。
当事務所では、 探偵社と業務提携※しておりますので、すみやかに証拠収集のための体制をとることが可能です。

また、夫と女性との肉体関係を示す証拠はないが、2人の交際状況から判断して離婚を認めたケースがあります。
不貞の証明ができなくても、夫婦としての信頼が維持できないよう行為があれば、「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるとして、離婚が認められることがあります。

また1回限りの「不貞行為」のみを理由として離婚を認めた例はみあたらないようです。
これは、「1回限りの浮気・不倫(不貞行為)は許される」というわけではなく、裁判で原因として認められる不貞行為とは、 ある程度継続的に肉体関係を伴う男女関係を指すと考えられるでしょう。
ただし、一回限りの不貞行為でも、それが原因で夫婦関係が破綻し、「婚姻を継続し難い重大な事由」がある時、離婚は認められることとなります。

また、次のような場合も、離婚事由として認められない場合があります。

  • 不貞によって婚姻関係が破綻したといえず、復元の可能性がある場合
  • 離婚請求する側に、婚姻破綻の責任がある場合
  • 離婚が夫婦双方の利益のために、または未成年の子の利益のために好ましくない場合

    不貞行為のことで悩まれている方は、当事務所にご相談下さい。

「離婚の動機・事由」目次

基礎知識
01

不貞行為

不貞行為(浮気、不倫) 不貞行為が離婚原因として認められるためには? 浮気...
基礎知識
02

裁判離婚の5つの離婚事由

【裁判離婚の5つの離婚事由】 配偶者に不貞な行為があった時(一号) 不貞行...
トップへ戻る

LINE
相続対策

イラスト
0120-7834-09相談予約専用なやみよまるく 9:00 - 18:00 ( 土曜 10:00 - 17:00 )アクセスウェブ予約