「離婚に強い弁護士」とは?

注目!! 代表山下江からのアピール


「離婚に強い弁護士」とは?
2015.11.2

離婚や男女問題に悩む方は,「離婚問題に強い弁護士」「男女問題に強い弁護士」をお探しのことと思います。その要請に応えるかのように,「離婚に強い」「男女問題に強い」などの広告をしているサイトがいくつか見受けられます。
しかし,「強い」ことは,客観的に判断することは困難で、主観的な,あいまいな表現であり,当事務所では使用しておりません。日本弁護士連合会の定める「弁護士の業務広告に関する規程」に違反するおそれもあります。

各法律事務所や各弁護士の能力・信頼性は,相談件数や受任件数そして経歴などにより客観的に評価されるべきと思っています。ですから,当事務所は,これまでのご依頼実績をオープンにしております。また各弁護士の経歴もオープンにしております。裏付けのない「○○に強い」「高い専門性」「特化」などの言葉にもご注意下さい。

当事務所の2015年の離婚・男女トラブル相談実績は584件,受任実績は149件です。なお,昨年2016年には,相談実績577件,受任実績181件と,ご依頼が増加しております。広島所在の事務所としては多数の実績と言って間違いないと思われます。
なぜこのような実績を確保できたかと言いますと,各弁護士・各秘書が全力で離婚問題に悩む方や男女トラブルに悩む方に寄り添い,ともに解決へと全力を尽くしてきたからと思います。

当事務所での 具体的な解決事例は男女別に,相談者や依頼者様の声についても「お客様の声」として男女別に,この離婚専門サイトに多数掲載してあります。是非ご覧下さい。

当事務所では離婚・男女トラブルチームを結成し,笠原輔チームリーダーの元,悩める方々の味方になり,その解決能力の向上に努めています。 笠原リーダーのメッセージをご覧ください。

上記日本弁護士連合会の定める規程に違反する疑いのあるサイト上の広告の文言に惑わされることなく,相談・依頼する法律事務所・弁護士を選んでもらえればと思います。

弁護士の業務広告に関する規程

(禁止される広告)
第3条 弁護士は,次の広告をすることができない。
1 事実に合致していない広告
2 誤導又は誤認のおそれのある広告
3 誇大又は過度な期待を抱かせる広告
4 困惑させ,又は過度な不安をあおる広告
5 特定の弁護士若しくは外国法事務弁護士又は法律事務所若しくは外国法事務弁護士事務所と比較した広告
6 法令又は本会若しくは所属弁護士会の会則及び会規に違反する広告
7 弁護士の品位又は信用を損なうおそれのある広告



Copyright (C) 2011 山下江法律事務所[広島弁護士会所属] All Rights Reserved.〒730-0012広島市中区上八丁堀4-27上八丁堀ビル703