【解決事例】面会交流(面会交渉)

new.gif

中断した面会交流を再開

離婚をし、相手方が子どもを養育。離婚後4年経過してから自分で面会交流調停の申立をして、1回面会ができた。それ以後面会交流がないため、再度、面会交流調停を申し立てたいとのことで来所された。
面会交流調停の申立をするものの、期日がくまれる度に相手方から都合が悪いとの理由で延期される。相手方がなかなか応じない中で3回期日が設けられ、調停成立して面会交流が認められた。
(33)

【弁護士のコメント】相手方が不誠実な対応を続けたため、なかなか依頼者と子どもとの面会交流ができなかった。しかし、粘り強く取り組んだことで少しずつではあるが依頼者と子どもとの交流を始めることができて良かった。

妻からの離婚請求

依頼者は、子を連れて別居を開始したが、夫が親権を争って離婚に応じない、ということで相談に来られた。
弁護士が介入し、調停を起こした結果、離婚をすることができた。
子については、宿泊付きの面会交流に応じる形で合意。
当初、夫から、夫の同意なく子を連れて別居したこと等を理由に慰謝料の支払いを求められていたが、依頼人が夫の代わりに支払っていた車の購入代金を請求しないことを条件として、双方が支払いをしないことになった。
そのほか、養育費1人あたり月1万5000円年金分割は0.5の按分割合で合意した。
(9)

妻からの慰謝料・財産分与請求

依頼人と妻はかねてより不仲だったが、子ども2人を連れて出て行った妻から慰謝料100万円と財産分与を求める離婚調停を起こされた。
当事務所が受任し、離婚が成立。
子ども2人の親権者は妻、依頼者は子ども1人につき月2万円の養育費等を支払うこととなったが、子どもと月1回面会できることになり、慰謝料100万円と財産分与の請求を退けることができた
(9)

早期に協議離婚成立

配偶者が、性格の不一致を理由に、弁護士を代理人に立て、離婚を求めてきた。依頼者は、離婚には応じるつもりだが、財産分与や慰謝料、養育費等の離婚給付について弁護士に相談したく、依頼をした。
結果、面会交流月1回、養育費月4万円、他に離婚給付は無し、という内容で合意に至り、協議離婚した
(6)



離婚 ☞8つのポイント

各ポイントをクリックすると、解決事例をご覧頂けます↓↓

☞ A. 同意の有無

相手方が離婚に同意していますか?

☞ B. 子どもに関すること

未成年の子どもの親権者

養育費

面会交流(面接交渉)

☞ C. お金に関すること

財産分与

慰謝料

年金分割

婚姻費用の分担

「8つのポイント」詳しくは☞コチラ

Copyright (C) 2011 山下江法律事務所[広島弁護士会所属] All Rights Reserved.〒730-0012広島市中区上八丁堀4-27上八丁堀ビル703