【解決事例】親権

new.gif

妻からの離婚請求。夫のDVが原因。

夫のDV等に耐えきれず離婚をしたいということで相談。
手続き全般を依頼したいとのことだったので離婚調停を申し立てた。
結果、子2人の親権は依頼者養育費は子1人につき月額6万円約1400万円の解決金を相手方が支払う、との内容で離婚調停が成立した。 (24)


new.gif

妻からの離婚請求

夫からの暴力を受けたため、現在保護施設に避難している。その他にも金銭感覚の違いなどもあり、親権を取って離婚したいと依頼者は相談に来られた。
相手方へ離婚したい旨の手紙を送った後、話し合いで離婚合意に至り、記入押印した離婚届を当事務所に郵送して貰い、それを役所に提出することにより離婚が成立した。
弁護士と相手方が電話と書面でやり取りをしたのみで、依頼者は直接相手方に会うことなく親権も取った上で離婚することができた。 (21)

【弁護士コメント】お互いの離婚に対する考えが一致しているのに擦りあわせることが困難なために離婚できない方がいます。このような方の場合には、弁護士が入ることで意思疎通が可能になり、早期に離婚が成立することもあります。

妻による離婚請求

依頼者である妻は夫からの日常的な暴言、育児に協力しないなどの生活態度などに不満を持ち、離婚をしたいと相談に来られた。
子ども2人(2歳・0歳)の親権について、夫も譲らなかったので、親権の獲得が最も大きな争点となった。離婚の調停を申立てた後、相手方から円満調停の申立てがなされた。約5回ほどの調停を重ね、親権を依頼者が取得することで合意することができ離婚が成立。子の養育費などについても相場の金額通りの当方の主張が認められた。 (20)

妻からの離婚請求。夫の不貞。

依頼者は、子ども2人の親権と養育費、夫の不貞行為について慰謝料を請求したいと来所。
当事務所で離婚調停を申し立てたところ、子どもの親権を妻が得ること、養育費を月6万円ずつ支払うこと、慰謝料300万円を支払うことで調停が成立した。
(1)

夫からの夫婦関係調整調停。妻からの離婚調停

依頼者は、夫から夫婦関係調整調停を申し立てられたが、夫は気に入らないことがあるとすぐに物に当たる、暴力をふるうということがあるので離婚したいと相談に来られた。
当事務所で受任し、依頼者の希望通り調停により離婚が成立した。
依頼者は親権を得ることができた。学資保険の名義を依頼者に変更。20歳まで養育費の支払を約束された。ほか、自動車の所有権も移転することができた。
(2)

妻からの離婚請求

夫からの暴力と暴言に耐えかね、別居を開始し、依頼者自身で離婚調停を起こしたが、まとまらなかったため、訴訟提起を依頼された。
①離婚の請求②親権者を依頼者とする③年金分割の按分割合を0.5とするという内容で裁判を起こし、1審で全面勝訴した。
相手方は離婚に納得せず、控訴してきたが、棄却され、判決が確定した。
依頼者は無事に離婚することができ、親権も得ることができた。
(11)

妻からの離婚調停申し立て

依頼者の妻に不貞行為があることが判明。当事務所を通して相手方に慰謝料請求をしたところ、妻から離婚調停を申し立てられた。互いに親権(長男4歳)を主張して譲らず、調停不成立となり、相手方より訴訟を提起された。
結果、当面別居ということで和解が成立。依頼者が子どもの監護を主としてすることになった(29)

離婚後に発覚した不貞行為に対する慰謝料請求。息子の親権を取り戻したい。

依頼者は、妻と協議離婚し、息子2人の親権は依頼者が持つことになった。元妻はその後再婚。依頼者が病気になったため、息子2人の親権を元妻に変更した。その後、元妻が、依頼者と婚姻中から再婚相手と交際していたことが発覚再婚相手と養子縁組した息子が、不憫な扱いを受けていることが判明した。不貞行為による慰謝料請求と、息子と浮気相手を離縁させ、親権者を自分に戻したいとの希望があった。
訴訟提起を行い、控訴審で和解。賠償金50万円の支払と親権変更への協力を約束させた。(26)

妻からの離婚調停申立

依頼者は妻との離婚に際し、協議書を作成したいと当事務所に来所されたため、説明・助言。
しかし後日相手方より調停を起こされ養育費(子ども2人)月5万、慰謝料200万、財産分与として100万円を請求されたため、当事務所で受任。
親権、養育費、慰謝料、財産分与について調停が成立し、養育費月3万円(2万円の減額)、解決金として130万円(170万円の減額)支払うことで合意した
(14)


離婚 ☞8つのポイント

各ポイントをクリックすると、解決事例をご覧頂けます↓↓

☞ A. 同意の有無

相手方が離婚に同意していますか?

☞ B. 子どもに関すること

未成年の子どもの親権者

養育費

面会交流(面接交渉)

☞ C. お金に関すること

財産分与

慰謝料

年金分割

婚姻費用の分担

「8つのポイント」詳しくは☞コチラ

Copyright (C) 2011 山下江法律事務所[広島弁護士会所属] All Rights Reserved.〒730-0012広島市中区上八丁堀4-27上八丁堀ビル703